【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

古くから庶民に親しまれてきた魚「ショウサイフグ」の生態や特徴

更新日:

ショウサイフグの分類と学名

ショウサイフグはフグ目フグ科に属する魚です。

その他フグ目フグ科に属する魚

キタマクラ、ハナキンチャクフグなどのキタマクラ屬。クサフグ、コモンフグなどのトラフグ屬、などのその他モヨウフグ屬やヨリトフグ屬

ショウサイフグに似た魚の見分け方

マフグの若魚にも似るが、マフグは尻ビレが黄色、ショウサイフグは白色であるところで見分けられます。

ショウサイフグの特徴

全身に棘がなく、すべすべとした体表をしています。体の背側には茶色の地色に不規則な暗褐色の模様がまだらに浮かんでいおり、腹側は白く、胸ビレと背ビレは淡黄褐色です。

尻ビレは白色に近く、尾ビレは淡い黄褐色で後端が黒っぽいです。丸みのある体形に小さなおちょぼ口が特徴です。興奮すると水や空気を胃に吸い込んで体を大きく丸く膨らませます。高速で泳ぐことは得意でないが、各ヒレを動かし、前後左右に自在に泳ぎ回ることができます。

歯は癒合して歯板となっており、上下各2枚ずつの歯板があります。フグは種類によって毒を持つ部位が異なることで知られていますが、ショウサイフグは肝臓と卵巣は猛毒、皮と腸に強毒があります。反対に白子は無毒です。

フグの中では安価で取引されることが多く、関東には春に大量に入荷があります。江戸時代前期、松尾芭蕉の俳句にある「ふくと汁」はショウサイフグを用いたものである可能性が高く、古くから人々に親しまれている魚です。

産卵期は初夏で、水深20m以浅の砂泥底や礫底に粘着性の卵を産みつけます。体長は25~30センチメートルほど成長します。

ショウサイフグの釣り時期・生息ポイント

津軽海峡~九州長崎県の日本海・東シナ海沿岸、津軽海峡~九州南岸の太平洋沿岸、また朝鮮半島南岸・東岸に生息します。生息水深帯は沿岸域や沖合に面した100mより浅いの砂底です。

年中釣りを楽しむことが出来ますが、最も釣りが盛んな時期は5~8月、11~4月です。国内では東京湾、千葉県外房で盛んにショウサイフグが釣られています。

そのほかには茨城県の大洗沖や鹿島沖、千葉県飯岡沖、外房の大原沖や鴨川沖、駿河湾の御前崎沖、三河湾の伊良湖沖などが好ポイントとして知られています。

ショウサイフグの餌

肉食性で小魚や甲殻類、貝類などの軟体動物、多毛類など捕食します。

ショウサイフグの漁獲法

ショウサイフグの釣り方はカットウ釣りが有名です。これはカットウバリと呼ばれるトリプルフックのような針で、餌を食べにきたフグを引っ掛ける釣り方です。

漁獲法としは底引網、定置網が主流です。

ショウサイフグを釣った後に気を付けたい事

ショウサイフグはフグ毒として有名なテトロドトキシンという猛毒を肝臓、卵巣、皮、腸に持ちます。

もし摂取してしまうと体の痺れや麻痺、呼吸困難などの症状が出ます。テトロドトキシンによる中毒は有効な治療法や解毒剤は存在しないと言われています。

大量に摂取してしまった場合は即死の可能性もあるので、絶対にそのまま食べてはなりません。また、歯は強靭で大きいため、素手で触る際は注意が必要です。アルミ缶も噛み切るほど強靭な力を持つので、釣り上げた際には最新の注意を持って触れるようにしなければなりません。

ショウサイフグのおいしい旬

旬は秋から春です。

ショウサイフグの食べ方

ショウサイフグの身はクセがなく、しっかりと歯応えがあり風味豊かです。主な調理法は刺し身、湯引き、から揚げ、鍋などです。
東京下町ではショウサイフグのちり鍋が古くから親しまれています。
が、ショウサイフグを含め、フグを調理をする際は「ふぐ調理師」という都道府県知事が認可する免許状が必要になるため、「ふぐ調理師免許」を取得をして調理しなければなりません。

ショウサイフグの名前の由来

ショウサイフグの名前の由来は、体表の模様である斑紋が波が砕ける様に似ているためとされています。

ショウサイフグは漢字で「潮際河豚」と書くためこの説が挙げられていますが、詳細は不明です。また福岡県では「コマル」「 ダイコン」、 東海地方では「ナゴヤフグ」、徳島県では「メアカ」とよばれています。

そのほかには「アオシバ」「イソフグ」「カマヤフグ」「ガンバ」「ゴマフグ」などの別名があります。ショウサイフグの英語名は「Globefish」「 Blowfish」「 Puffer」です。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.