【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

刀に似ていることが名前の由来。夏が旬の魚「タチウオ」

更新日:

タチウオの基本情報

タチウオは漢字で「太刀魚」と書く魚で、銀白色に輝く細長い体の形が非常に太刀に似ています。

背びれをひらひらと波打たせ、頭を上にして泳ぐ「立ち泳ぎ」が特徴的。

夏に旬を迎える魚であり、脂肪は多いもののあっさりした味の白身魚で、刺身やソテーにすると美味しいと人気の魚です。

タチウオの名前の由来

タチウオの名前の由来は主に2つあります。

1つは、タチウオの銀白色で細長い見た目が太刀に似ているため、太刀魚(タチウオ)と名付けられたとする説。

もう1つは、深海で生息するタチウオが朝夕には海の表層に上がり、頭上を通りすぎる獲物を狙って「立ち泳ぎ」をするため、立魚(タチウオ)と名付けられたとする説。

全国的に「タチウオ」と呼ばれることが多いですが、地方名として福島では「サーベル」、東京では「タチノウオ」、秋田では「ダツ」、宮城では「ハクナギ」などと呼ばれることもあるようです。

タチウオの特徴・生活史

タチウオは全長1.3メートル程で、細長く太刀のような形をしています。

尾部は細く尖るような形で、先端はひも状。

頭部から尾端まである背ビレを波立たせて泳ぐ魚であり、上下のあごに鋭い切れ味のある歯を持っています。

また鱗がなく体全体が銀色です。

この色の正体は銀粉(グアニン色素)であり、模造真珠に使われる「グアニン箔」という塗装材料にもなります。

生きている間は少し青みがかった光沢を持つが、死ぬと灰色がかった銀色に変化してしまします。

海水温によって異なるため、タチウオの産卵期は春から秋と長め。

駿河湾における産卵期は夏から秋、紀伊水道・熊野灘では春から秋、東海・黄海では春から夏、、若狭湾西部海域では夏から秋、と場所によって産卵期が分かれています。

タチウオの生態・住んでいる場所

タチウオは世界中の暖かい海域に広く分布し、水深100~200メートルの陸棚域に生息しています。

具体的な生息域は、北海道から九州南岸にかけての日本海・東シナ海・太平洋、瀬戸内海。

夏の産卵場所と越冬場所を回遊する「回遊魚」でもあります。

タチウオの成魚は夜間は海底で過ごし、日中になると餌を獲るために海の表層近くまで浮上します。

幼魚は逆で、日中は海底から100メートル程度の場所にいて、夜になると表層近くまで浮上すようです。

タチウオは、小さいうちは甲殻類を餌としており、成魚は肉食であり、小魚、イカなどを餌としています。

タチウオの旬と釣り時期

タチウオの釣りとしての旬は夏です。

タチウオは海底と表層を往復する魚のため、地域によって昼釣り・夜釣りに分かれます。

特に静岡では防波堤から夜釣りでタチウオ釣ることができ、この光景は夏の風物詩となっています。

タチウオの漁が最も盛んなのは東シナ海であり、底曳網、トロール漁、流し釣りで漁獲されます。

釣りの対象としても人気が高い魚で、関東より西では陸釣りや船釣りが行われており、陸釣りでは夜間のウキ釣りが人気です。

またルアーフィッシングも盛んに行われており、上述のように地域によって昼釣りと夜釣りに分かれ、東京湾や相模湾など関東の船釣りは昼釣り。関西の船釣りは昼・夜ともに行われます。

上下のあごに鋭い歯を持つため、噛まれたらひとたまりもありません。タチウオを釣る時には軍手などを使って手を保護するように!

タチウオの食材情報

タチウオには血液をサラサラにするイコサペンタエン酸(EPA)が多く含まれています。

ドコサヘキサエン酸(DHA)も豊富で、老化予防に効果的。骨粗鬆症を防ぐビタミンDや、血行を良くして二日酔いを予防するナイアシンも含まれます。

タチウオの美味しい食べ方

タチウオは夏に特に脂が乗るため、夏が旬の魚です。

脂が乗っている割にはあっさりした風味の白身魚ため、刺身やソテー、フライにして食べると美味。

体の表面を覆う銀色のグアニンは無味無臭であり、またタチウオの骨はとても柔らかい。

鮮度が落ちるとボロボロしてくるので、新鮮なうちに調理するのがおすすめです。

タチウオのレシピ

刺身、しゃぶしゃぶ、煮つけ、ムニエル、唐揚げにして食べると美味。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.