【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

炊飯器で簡単!鯛の美味しさを存分に楽しめるお手軽「鯛めし」のレシピ

更新日:


鯛のうま味をまるごと楽しめる、鯛めしを炊飯器で作ります。

切り身を使えば、包丁を使うことなく作ることができ、難しい炊き加減も炊飯器に任せれば失敗無し!

スーパーの鯛の切り身は勿論、自分で捌いたものでも美味しく作れますので、お好みの鯛を使って挑戦してみてください!

炊飯器で作れる!鯛めしの材料!

材料(2人前) 分量(2人前)
白米 2合
鯛の切り身 2切れ
昆布 5センチ
★薄口しょうゆ 大さじ1杯
★みりん 大さじ1杯
★酒 大さじ1杯
三葉や小ネギなどのお好みの薬味 適量

鯛めしの下準備

米を洗って15分ほどザルに上げておきます。

昆布を、かたく絞ったフキンで拭き水200cc(分量外)に15分以上漬けます。

※昆布から出る出汁で鯛めしを焚きますので、この水は捨てないでくださいね!

ポイント!鯛を焼いて臭み抜き&焦げ目の香ばしさで香りを付ける!

グリルで鯛を焼きます。あらかじめ熱しておいたグリルに鯛の切り身を入れ、程よい焼き目がつくまで強火で焼きましょう。

グリルがない場合はフライパンやオーブントースターなどでもできますよ!このとき、鯛は中まで火が通っていなくてかまいません。

Point!

魚に火を通すことで臭みが取れ、出来上がったときの香りもよくなります。

鯛めしの味付け

炊飯器に米と先ほどの昆布を漬けた水を昆布ごと入れ、材料の★の調味料(薄口しょうゆ、みりん、酒)を入れます。

2合の水の線まで水を加えて昆布と鯛を置き、炊飯スイッチを入れてください。

Point!

鯛から臭みが出てしまうので時間を置かず、すぐにスイッチを押してください。

鯛めしの仕上げ

炊きあがったらふたを開け、鯛と昆布を取り出します。鯛の優しい香りが広がりますよ。

鯛をほぐして骨を取り出し、炊飯器に戻しざっくりと混ぜます。

鯛の骨は鋭いのでご飯の中に混ぜてしまわないよう十分に確認するようにしてくださいね。

おいしく作るポイント

●乾燥昆布の出汁で炊くことにより優しい味わいに仕上がります。

●薬味として三つ葉と小ネギを使いましたが、刻み海苔やショウガを添えても美味しくいただけます!

鯛めしに使える魚

今回ご紹介した鯛めしは、こんな魚でもアレンジできます。

是非、試してみてくださいね!

▼熱を通しても硬くならない!チダイ!▼

▼上質でうまみのある白身が逸品!キンメダイ!▼

-マダイ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.