【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

飼育魚としても人気!外来種「タイリクバラタナゴ」

更新日:

ぷっくりと膨らんだ円形の体が可愛らしいタイリクバラタナゴ。タイリクと名のつくとおりアジア大陸から持ち込まれた外来種で、日本の在来種に影響を与えると懸念されています。手に入りやすく、可愛らしい見た目から近年ではペットとしての人気が高まっています。

タイリクバラタナゴの特徴

タイリクバラタナゴは、もともと日本には生息していなかった魚です。原産地はアジア大陸東部の中国揚子江や台湾島。日本にはニッポンバラタナゴという在来種がいて、タイリクバラタナゴとは亜種の関係にあります。

タイリクバラタナゴは、1940年代のはじめ頃に日本の霞ヶ浦に持ち込まれて以降、北海道から沖縄まで本州の各地に分布を広げました。

玉虫色に光る鱗を持っていて美しい魚ですが、在来種には悪影響を与えてしまっています。これは、水質が悪化している場所でも生息でき、また産卵する卵の数が多いなど繁殖力が強いため、と考えられています。

日本生態学会が定めた「日本の侵略的外来種ワースト100」というリストに入っていたり、環境省により「生態系被害防止外来種」に指定されていたりと、在来種にとって害がある魚として扱われているのです。

容易にニッポンバラタナゴと交配してしまうので、純粋な日本在来種の数は激減していると見られています。
体長は6〜8センチメートルと小さな魚ですが、在来種への影響は侮れません。鮮やかな見た目の美しさから観賞魚としても人気の魚で、ペットショップでも売られています。

手に入りやすい魚ですが、飼えなくなったときに自然環境に放流するのは絶対にやめましょう。

タイリクバラタナゴのタイリクバラタナゴの釣り時期・生息ポイント

タイリク バラタナゴは平野部の池や河川の淀みなど流れが緩い場所に生息しています。島嶼部を除く日本の各地で見ることができる魚で、関西では琵琶湖や淀川水系、関東では霞ケ浦や北浦が代表的な生息域となっています。

タイリク バラタナゴは1年を通して釣ることができる魚ですが、数をたくさん釣りたいのであれば、群れを作って泳ぐ冬がおすすめです。冬の時期に群れを狙い、一日で1000匹も釣り上げたという釣り名人もいるのだそうです。

タイリクバラタナゴの餌

タイリク バラタナゴの成魚は雑食性で、底に付着している藻類や小さな水生動物を餌としています。釣りの餌ならグルテン、黄身練り、アカムシなどを使うと良いでしょう。

タイリクバラタナゴの漁獲法

タイリク バラタナゴをはじめとするタナゴ類といった小さな淡水魚の釣りでは、特に繊細なアタリを楽しむことができます。

タナゴを釣る用の小さな仕掛けと繊細な竿を使うのが良いでしょう。装備が小さく手軽に楽しめる釣りのため、タイリク バラタナゴ狙いの釣り人も多いのだそうです。

タイリクバラタナゴを釣った後に気を付けたい事

タイリク バラタナゴは危険な魚ではないため、気をつけることは特にありません。しかし、釣れた魚を飼育する場合、狭い場所に大量に詰め込まないよう、余裕を持って運んであげてください。

密度が高い状態で輸送したり飼育したりすると、白点病という病気になりやすくなってしまいます。飼育するなら、1匹につき約5リットルの水量を目安にすると良いでしょう。

タイリクバラタナゴのおいしい旬

タイリク バラタナゴは食用として認知されていない魚のため、美味しい旬はよく分かっていません。

タイリクバラタナゴの食べ方

一般的に、タイリク バラタナゴは食用として認知されていません。しかし、千葉県香取市など一部の地域では食べられることもあり、酒や醤油と一緒に煮て佃煮風にして食べることもあるのだそうです。

タイリクバラタナゴの名前の由来

中国をはじめとする大陸から来たバラタナゴ、という意味で「タイリクバラタナゴ」と名付けられました。「バラ」とは、体色が鮮やかで美しいという特徴を意味しています。

「タナゴ」の由来は諸説あり、水田に生息しているため「田な魚」から「タナゴ」となったとする説などがあります。その他にも呼び名があり、茨城県霞ヶ浦をはじめとする関東では「オカメタナゴ」、北九州では「ニゴラ」「ニゴロ」と呼ばれています。

また、「ベニタナゴ」という呼び名もあるのだそうです。繁殖期になるとオスの体の色が紅色に近くなるため、「赤いダイヤ」とも例えられています。

-タイリクバラタナゴ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.