【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

タカベ|伊豆の夏の名物!ウメイロやグルクンとの見分け方とは?

更新日:

タカベは特に、よく漁獲される伊豆諸島では古くから供え物として利用されいたようです。室町時代には貢租として現物で上納されていたという記録が残っています。

そのほかにも江戸時代には、タカベの干物が江戸へ頻繁に出荷されていたという記録も残されています。冷蔵保存の記述がない当時では、干物でも美味しく食べれる魚が大変好まれていたようです。

タカベの分類

スズキ目タカベ科タカベ属

Point!

スズキ目タカベ科に属する魚は今のところタカベのみと考えられています。

タカベの学名

labracoglossa argentiventris

タカベの名前の由来

タカベの名前の内「タカ」は漁師用語で岩礁域の意味を指し、「べ」は魚の意味を指します。岩礁域に生息する魚のため、「岩礁域に生息する魚」という意味で「タカベ」と名付けられたようです。

三重県尾鷲市では「ベンタ」、徳島県では「ベントウ」、高知県では「ベットウ」などと呼ばれます。そのほかの地方名は「トコヤ」「アジロ」「シマウオ」「イボチ」などがあります。

英語名は「Yellow striped butter fish」です。「butter fish」はタカベの焼いた時に滴る脂から由来しているようですね。英語名でもとても美味しそうです。

タカベの生息域

伊豆諸島、八丈島、小笠原諸島、茨城県から九州南岸の太平洋沿岸に主に生息しています。

太平洋側の他にも若狭湾、兵庫県香住、島根県隠岐・浜田、鳥取県、山口県日本海側や朝鮮半島南岸、済州島(韓国)などにも生息しています。

タカベの特徴

タカベの体型はやや細長い楕円形で、平たく丸みを帯びています。体色は、背側が青緑色がかっており、腹側が銀色です。背側の側線付近に鮮やかな黄色縦帯が走っており、背ビレ、尾ビレ、尻ビレも黄色みがかっています。

尾ビレの基部付近はウロコで覆われており、アゴは小さく、下アゴは上アゴよりやや前方に突出しています。

タカベの産卵

タカベの産卵期は8月から10月の初秋です。水温16~17℃が産卵に適した水温とされており、卵型の1ミリほどの大きさの卵を産みます。

成長速度は比較的ゆっくり

孵化した稚魚の全長は2.3ミリメートル程度で、翌年の春には、全長5センチメートル程まで成長します。それくらいの大きさになると、タカベの稚魚は大群で磯の潮だまりなどに出現します。

1年で全長10センチメートル程度、2年で20センチメートルほどまで成長しますが、最終的に30センチメートルほどまで成長するには7年ほどかかるとされています。

タカベとウメイロ(沖タカベ)は同じ魚?見分け方とは?

▲写真の上の魚が「ウメイロ」下の魚が「タカベ」▲

青緑がかった体色と黄色の横帯が似ていることから「ウメイロ」と混同されることが多いです。ウメイロは、「沖タカベ」など呼ばれているため同種の魚かと思われがちですが、実際はスズキ目フエダイ科に属する魚であり、分類的にはウメイロとタカベは遠い親戚のような関係なのです。

童顔の「ウメイロ」とシュッとした顔の「タカベ」

タカベのウメイロとの見分けるポイントとしては、「模様」、「額」、「目」に注目すると分かりやすいのではないのでしょうか。
ウメイロとタカベの見分け方

特徴 タカベ ウメイロ
模様 コノシロ(コハダ)のような途切れ途切れの横線が体にある。 なし
狭くて、なだらかなカーブ 額が高く盛り上がっており、丸顔の印象
黒目は大きいが、白目との差がある三白眼 黒目がとても大きく、白目は少し濁っており潤んだ印象がある

両者を比べて、丸っこくて童顔な雰囲気がある方がウメイロで、シュッとした顔の方がタカベと覚えておくと良いでしょう。

タカベと沖縄のグルクンは同じ魚?見分け方とは?


▲グルクン(タカサゴ)の写真▲

結論から言えば、沖縄でタカベが獲れることはほとんどなくグルクンはタカベとは別種の魚です。

グルクンとは、沖縄でのタカサゴの呼び名です。配色が若干似ていること、「タカサゴ」と「タカベ」の名前が近しいものがあるためか、混在されることがあります。グルクン(タカサゴ)はスズキ目タカサゴ科に属する魚のため、ウメイロと同様にタカベとは遠い親戚のような関係です。

グルクン(タカサゴ)とタカベを見分けるポイントとしては、「模様」、「体系」、「体の変色」に注目すると分かりやすいですよ。

特徴 タカベ グルクン(タカサゴ)
黄色の模様 背中から尻尾に沿うように模様がある 2本の直線。
体型 腹側がぼってりとして比較的丸っこい印象 腹側は緩やかなカーブを描いており、すっきりした印象
変色 しない 釣り上げられた後、体全体に赤身を帯びる。

冬は激減!?タカベの旬と値段の関係

タカベの旬は産卵期を控えた6月から8月の夏とされています。産卵に備えて脂を蓄えるので、最も美味しくなるのは夏です。

美味しくなるのと同時に、関東を中心にタカベの漁獲量は夏にピークを迎えます。


※東京都中央卸売市場よりデータを引用。

東京都中央卸売市場によると、築地、豊洲、下田、太田市場でのタカベの年間取引量は、6月から9月にかけての期間が年間で最も多いようです。年度によっては取引量のピークに1か月ほどの差がありますが、水面の水温がおおよそ26度を上回る頃にタカベは活発になるようです。

ちなみに上記のデータで平成28年度の5月に例年の漁獲量を大きく上回るデータが残されていることに疑問を感じたのですが、タカベの名産地のひとつである「神津島」の役場ホームページにて定置網で大量!という記事を発見しました。

実際どのくらいの量が水揚げされたのかは表記されていないため確定とは言えないんですが、きっとこの時の神津島の漁獲量が大貢献してくれたのでは…と予想ができますね。

気になる!タカベの年間の価格


※東京都中央卸売市場よりデータを引用。(豊洲、築地、下田、太田市場での総計額から算出したもの)

タカベは、夏から初秋にかけて漁獲量が増えると同時に価格も値上がりします。最高価格は平成30年度8月の1,747円(1kgあたり)です。

漁獲量がグンと下がる冬では300円(1kgあたり)を下回ることもあるようです。年間通して安定した量が確保できる魚ではないため、価格の変動に大きな差があります。

平成28年度から平成30年度までのタカベの年間の平均価格は1,082円(1kg)となっており、庶民の魚「マアジ」の年間平均価格がおよそ500円(1kg)なのでマアジのおよそ2倍の価格と言えば分かりやすいでしょうか。

タカベ釣りと漁獲法

タカベはメジナの外道?

タカベはメジナやクロダイを狙ったフカセ釣りの外道として知られています。

そのためタカベを釣るためにはフカセ釣りサビキ釣りが主流と言えます。

▼メジナについての情報はこちら▼

タカベを釣るなら夏の曇りがベスト!?

水温が高くなる夏などは、沿岸や潮通しの良い堤防の先端付近に移動するため、特に釣りやすくなります。

晴れた日など、潮色が澄んでいるとタカベの警戒心が強くなるため、比較的曇りの日に釣れやすくなるようです。

タカベを一網打尽!「建切網(たてぼしあみ)」とは?

伊豆諸島の神津島の漁師は、「建切網(たてぼしあみ)」という伝統漁法を使ってタカベを漁獲します。

「建切網(たてぼしあみ)」とは、数十人の集団で潜水し網を磯まわりに張り巡らし、タカベの群れを網の中に追い込んで網で取り囲む漁獲法です。巾着袋のように魚をキュッと閉じ込めることから「巾着漁」とも呼ばれているそう。

タカベの食べ方

旬のタカベは特に脂の乗りが良いため塩焼きにするのが一般的です。鮮度がすぐ落ちるタカベは生食として食べることが少ないようですが、鮮度にさえ気を付けていれば上質な身を楽しめます。

タカベの定番「塩焼き」

タカベは塩焼きとして食べられるのが一般的です。

タカベはこってりした脂身の内臓を持っており、この内臓がまた美味なんだとか。内臓の処理をしなくても塩焼きにできるので、もし魚の内臓が好きという方は是非あえて処理をせずにお召し上がりください。

内臓ごと召し上がれ!タカベの塩焼きの作り方!

①タカベのエラを鱗を引く。

②引いた鱗を水で洗い流し、キッチンペーパーなどで水気をしっかりふき取る

③水気をふき取ったら食塩をまぶし10分ほど放置。
※食塩を振って放置後に出る水分は臭みがあるのでしっかりふき取ること

④お好みで飾り包丁を入れて、魚焼きグリルで焼きます。
※魚焼きグリルがなくてもフライパンにアルミホイルを敷けばフライパンでも調理可能です。

⑤両面ともしっかり焼けたらお好みで大根おろしやカボスを添えて完成

小さいタカベは「唐揚げ」にして食べよう!

タカベは是非塩焼きとしていただいてほしいのですが、もし塩焼きにできるほどの大きさではない小さなタカベを釣ったまたは購入したときには唐揚げでも美味しく召し上がれます。

骨ごと食べられる!タカベの唐揚げの作り方

①タカベの鱗を引く
②タカベの頭を落とす。
※胸ビレの付け根と、腹びれの付け根を点線で結ぶイメージでそこを切り取ると肉を無駄にすることなく頭が落とせます。

③頭側から腹を裂いて内臓を取り出し、真水で血合いも一緒に洗い流す。

④キッチンペーパーなどで水気をふき取った後、3枚卸に出来る大きさであれば、三枚おろしにする。
※小さいタカベならそのままでも問題ありません

⑤タカベに塩コショウを振りかけて味付けをし、小麦粉を両面によくまぶす。

④180~190度の油で揚げる。
※途中で火を弱めたり、魚を油の中に一気に大量に入れてしまうと油の温度が下がり調理加減にムラが出るので注意!
   
⑤揚がったタカベの油分をキッチンペーパーなどで落とし完成。

伊豆名物「タカベの干物」

タカベの漁獲量が多い伊豆諸島では、タカベの干物がお土産としても地元の食品としても愛されています。干物と言われれば、サバのみりん干しなどのお箸でつまんで食べることを想像しますが、タカベの干物は両手のひらに乗っかるほどのサイズ感で、頭から尻尾まで丸ごとパクっと食べれるようです。

夏はタカベの干物を肴(さかな)にビールと楽しむ!なんて風潮もあるようです。

-タカベ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.