【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

タカサゴ|別名グルクン!沖縄の県魚にも指定された青い魚

更新日:

タカサゴは沖縄では「グルクン」と呼ばれており、漁獲量が多くよく食べられるため沖縄県の県魚に指定されています。青白い体色が涼しげなタカサゴですが、死亡時には赤く変色する特性を持っているので市場で見かけるのは赤いものが多いのではないでしょうか。

タカサゴの分類と学名

タカサゴはスズキ目タカサゴ科に属する魚です。

その他にスズキ目タカサゴ科属する魚

イッセンタカサゴやクマササハナムロなどのクマササハナムロ屬、ウメイロモドキやササムロなどのタカサゴ屬、ヒメタカサゴなど。

タカサゴに似た魚の見分け方

近縁種にニセタカサゴがいますが、タカサゴは側線と黄色の横線が離れているのに対し、ニセタカサゴはその2本がほぼ重なっていることから見分けることができます。

タカサゴの特徴

体型は細長い紡錘形で、前後に伸びたスリムな体型をしています。体色は背側が青みがかかっており、背側には黄色い縦線が2本走っている色鮮やかな見た目が特徴です。腹側は白色です。

また尾ビレは多く二つに分かれており、上下の先端がそれぞれ黒ずんでいます。体色は通常時は青緑色ですが、興奮時や死亡時には赤く変色します。そのため状態によって体色が大きく変化する魚として有名です。

産卵期は5~7月であるとされ、群れを成して海中を上下に遊泳しながら産卵を行うことで知られています。

卵は0.85ミリメートルほどの分離浮性卵で、産卵後1日ほどで体長2.2ミリメートルほどの稚魚が孵化します。孵化してしばらくは外洋に生息することもありますが、成長するにつれ浅海に定着するようになり、沿岸の岩礁域を住処とします。
最大で30センチメートルほどまで成長します。

タカサゴの釣り時期・生息ポイント

タカサゴは長崎県福江・男女群島、有明海、宮崎県、鹿児島県・太平洋沿岸、屋久島、琉球列島などに生息します。
また国外では台湾、西太平洋、オーストラリア沿岸でも生息が確認されています。

国内では特に沖縄で見られることで知られ、沖縄の地方名である「グルクン」という名でこの魚を知っている方も多いでしょう。主に沿岸のサンゴ礁や岩礁域に生息し、エサの食いつきも良いため釣りやすい魚です。

年間を通して釣ることができますが、6月~11月頃が特に釣りに適した時期です。

タカサゴの餌

雑食性であり、小動物や動物性にプランクトンを捕食します。プランクトンを食べるために、濾し取る機能を持つ鰓耙が発達しています。

タカサゴの漁獲法

タカサゴはサビキ釣りによって釣るのが主流です。

サビキ釣りは一般的に小型のアジやサバ、イワシなどに用いられ、初心者向けの釣法としても知られています。そのため主な産地である沖縄で釣りを行う際には、釣りの入門としてタカサゴのサビキ釣りを行うことが多いです。

主な漁獲法は追い込み漁は刺し網漁です。特に南西諸島では食用魚として重宝されているので、追い込み漁が盛んに行われています。

タカサゴを釣った後に気を付けたい事

タカサゴは鋭い歯やヒレはないので、特に釣った後に気をつけたい事はありません。

ネタカサゴのおいしい旬

詳しい生態は不明なことが多く、おいしい旬はわかっていません。

タカサゴの食べ方

タカサゴは身が締まった白身で、さっぱりとした味わいであることで知られます。

沖縄ではタカサゴの唐揚げは定番料理として知られ、食堂や居酒屋などでよく見られます。また塩焼きも大変美味です。

加工原料としてもよく利用され、かまぼことして沖縄でよく販売されています。金額も安価なため沖縄県民にとっては身近な魚ですが、他都道府県ではあまり流通はしていないようです。

例外として九州南方の宮崎県や鹿児島県では開き干しにされるなどして食されているようです。

タカサゴの名前の由来

もともとタカサゴという名前は東京や小田原での呼ばれ方で、漁村用語で岩礁を意味する「たか」、小魚を指す「さご」が合わさって「タカサゴ」と呼ばれるようになったようです。

つまりタカサゴという名前は「岩礁に生息する小魚」という意味をさします。先述したように沖縄県では「グルクン」、そのほかには高知県で「イソムロ」と呼ばれます。また「アカヘエジ」「アカムロ」「ユミズ」「カブクワーグルクン」「シマゴツテ」などとも呼ばれます。

英語名は「Black-tip fusilier」です。尾ビレ先端部の黒ずんだ部分が名前の由来のようです。

-タカサゴ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.