【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

タモロコ|用水路に棲む小魚!素揚げが美味!?

更新日:

タモロコ サムネ

用水路や田んぼなどでフナなどと一緒に見かけられるタモロコ。昔はどこでもよく見かける魚でしたが、近年では都市開発により生息地が減少しており、それに伴い個体数も減少しています。ブルーギルなどの外来種にも生息を脅かされており、絶滅が危惧されるようになってきました。

タモロコの名前の由来

タモロコは漢字で「田諸子(たもろこ)」と表記します。田んぼにたくさんいる子(魚)という意味でこの名前がつけられたと考えられます。

タモロコの英語名

タモロコは英語で「Field gudgeon」と呼ばれています。「Field」は野原や田んぼのことを表しています。「gudgeon」は餌や誘惑などを意味します。タモロコは釣りのエサに使われる小魚のように小さく、田んぼに棲んでいることからそう呼ばれています。

タモロコの地方名

タモロコは、ホンモロコと混同され、「モツゴ」や「ホンモロコ」と呼ばれています。他にも「ハヤ」や「ダゴハヤ」など様々な呼び方があります。

タモロコの生息域

用水路

自然分布は関東より西側の本州や四国でしたが、移植されたことにより、近年では東北地方や九州でも見られるようになりました。日本各地の湖沼や小川、用水路などの流れが緩い場所に生息しています。遊泳力が弱いので、流れが急な場所には生息していません。

タモロコの特徴

タモロコは全長7~10cmほどの小さな淡水魚です。背中は褐色で、腹側は白銀色をしており、体の真ん中に1本の横線があります。口元には短い口ヒゲが生えており、このヒゲで水底の獲物を探ることができます。

琵琶湖在来種のホンモロコやモツゴに似ているため、近藤されがちですが、口ヒゲの長さや有無で見分けることができます。

タモロコの生息地が消えている!?

タモロコは、昔から馴染みの深い魚でしたが、近年では水田調整や河川の工事や埋め立てなどにより、生息地が減少しています。さらに、生息地にブルーギルやブラックバスなどの外来種の侵入が進んでおり、タモロコの絶滅も危惧されつつある状況です。

タモロコは飼育もできる!

タモロコは、下流や用水路などに生息する淡水魚のため、水槽で生息域の環境が作りやすく飼育がしやすい魚でもあります。

適温は20~25℃とされており、クーラーやヒーターを用いた水温調節をする必要がありません。最大でも10cm程度にしか育たないため、45~60cmの大きさでの水槽での飼育が可能です。自然の個体を捕まえるのもよし、通販や専門店で入手することも可能ですので初めて育てる飼育魚としても始めやすい魚種です。

タモロコを釣りたい!

タモロコ 釣り

タモロコは、ウキ釣り、サビキ釣りで釣ることができる魚です。タモロコの群れに遭遇したら網ですくって大量漁獲をすることも可能なようです。流れの少ない流域や岩陰などを好みます。産卵期を終えた7~11月にかけての時期が最も活発になるため、川遊びも兼ねてタモロコを釣りに行ってもいいかもしれませんね。

タモロコ釣りに使用する餌

タモロコは水草などの草よりも、ユスリカ、イトミミズ、ヨシノボリの稚魚といった水生生物などの動物を食べることの方が多く、肉食の傾向が強いです。

釣りの餌には、アカムシやミミズなどの餌か、量の調整がしやすい練り餌が良いでしょう。

タモロコの産卵期と旬

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - -
釣りの旬 - - - - - - -

タモロコのおすすめレシピ

小魚 素揚げ

タモロコは鱗が薄くて皮が柔らかく、また骨も軟らかいため、丸ごと食べることができます。他の小魚のように、素揚げやから揚げにすると美味しく食べれます。またタモロコの内臓は苦みが少ないのでイカナゴなどのように、佃煮や甘露煮にしても美味しくいただけます。

-タモロコ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.