【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

飼育もできます!世界最小の釣りターゲット「タナゴ」

更新日:

タナゴの特徴

タナゴは釣って食べるだけでなく、ペットとして飼育するのにも人気の魚です。

体長が6〜10センチメートルと小さいので、一般家庭でも飼育しやすいのがポイント。

体の色は銀色を帯びており、青や緑の模様も入っていて、見た目も綺麗な魚なのです。

繁殖期になると色が変わり、オスは薄いピンク色を帯びますが、お腹側は黒く変化するのだとか。

一方、メスには婚姻色は出ないので、オスとメスの見分けに役立ちます。

可愛らしい特徴を持つタナゴですが、残念ながら最近では数が減ってきているそうです。

主な原因は、河川改修といった開発で産卵場所が無くなったり、ブラックバスやブルーギルなど外来種に食べられてしまうこと。

また、外来種のタナゴとの生息域争いも起こっているようで、タナゴの減少に繋がっているそうです。

タナゴの釣り時期・生息ポイント

タナゴは1年を通して釣ることができる魚なので、氷が張ってしまうほど寒さが厳しい時期を除けば、いつでも釣れる魚です。

生息ポイントは、湖、池沼、川の下流域といった水の流れが穏やかで、水草がある場所になります。

特に、タナゴ釣りといえば茨城県の霞ヶ浦が有名ですよね。

水深の浅い場所を好むので、釣りをするときは、深くても水深50センチメートル程度のところを狙いましょう。

田んぼの用水路などの身近な場所にも生息しているのですが、絶滅が危惧されるほど数が少なくなっており、生息ポイントも少なくなってきている…とも言われています。

タナゴの餌

タナゴの食性は雑食性で、小型の水生昆虫や甲殻類、藻類などを食べます。

タナゴは「世界最小のターゲット」とも呼ばれるほど小さい魚のため、釣りの際は餌も小さいものを選ぶと良いでしょう。

赤虫などは針先を隠すように付ければ十分なので、頭またはお尻の余った部分は切ってしまって構いません。

とはいえ、このような餌の付け方が苦手な方も多いでしょう。

そのような場合、グルテンなどの練り餌を少し針先に付ければ問題ありません。

タナゴの漁獲法

手軽なのに楽しめる!とのことで、釣り人たちにもとても人気のタナゴ釣り。

ぜひ、ウキ釣りや印釣りでチャレンジしてみてください。

仕掛けは底よりも少し浮かせる感じで、水面から底までの真ん中よりも少し底側に来るように落としましょう。

タナゴは小さい魚のため、あまり派手にウキが動くことはありませんので、じっくりとアタリを見極めてください。

ウキが大きく動く場合は、ブルーギルなどの外道が釣れることが多いです。

タナゴを釣った後に気を付けたい事

タナゴは危険な魚ではないため、扱いにおいて気をつけることは特にありません。

しかし、肝吸虫などの寄生虫がついている可能性があります。そのため、生で食べるのはおすすめできない魚ですので、加熱して食べてみてくださいね。

タナゴのおいしい旬

タナゴがおいしい旬は、秋頃になります。

一方、春の時期は産卵期で身が痩せているので、あまりおすすめできません。

産卵期を終えたタナゴに徐々に脂が戻ってくるのが夏から秋となるので、この時期のタナゴが最もおいしいのです。

タナゴの食べ方

食用としてはあまり流通していないため、調理法に困ることが多いかもしれませんが、タナゴは唐揚げや塩焼き、煮付けなどシンプルな料理でおいしく食べられる魚です。

また、「雀焼き」という調理法をご存知でしょうか?これはフナを使った料理で、昔から琵琶湖の周辺で食べられてきましたが、タナゴを代用することも多いのだとか。

雀焼きとは、小さいタナゴを数尾ずつ串に刺し、佃煮に使うのと同じタレを塗って焼いたものです。

タナゴの名前の由来

タナゴの名前の由来は諸説あるのですが、最もよく知られているのは、水田に生息しているから「田んぼの子供」という意味で「タナゴ」と呼ばれるようになった、とする説です。

この由来のとおり、現代でも水田で見かける魚となっています。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.