【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

水族館でおなじみの熱帯魚「ツノダシ」

更新日:

熱帯魚と言えば色鮮やかで優雅な魚を思い浮かべますよね、このツノダシをイメージする人も多いのではないでしょうか。THE・観賞魚といった見た目からアクアリウムでの人気が非常に高く、水族館などでもよく見かけることができます。

ツノダシの特徴

ツノダシは長く伸びた背ビレが特徴的な魚。熱帯魚らしくはっきりした色の見た目で、体には黒と白の太い縞模様があります。白い部分はやや黄色がかっていてカラフルです。

細長い口の中には、長くて太い毛のような歯が生えています。成魚になると体長は25センチメートル程度になります。

ツノダシがよく見られる沖縄では、釣りだけでなくシュノーケルで見たいと人気があります。

そのユニークで美しい姿から、鑑賞用の魚として人気の高い熱帯魚の一つで、水族館や個人の水槽などで飼われることが多くあります。しかし、餌付けが難しかったり、水質の変化に敏感だったりするため、飼育の難しい魚でもあるだそう。

ツノダシは基本的には単独行動する魚で、多くても2〜3匹がまとまって泳いでいる程度。もっと多くて複数でいる場合は、産卵に関係のある行動をしているときではないか、と考えられています。

ツノダシの釣り時期・生息ポイント

太平洋からインド洋にかけて、熱帯の海のサンゴ礁や岩礁に広く分布しています。日本では千葉より南の太平洋に分布していますが、本州ではほとんど成魚の姿を見られません。

熱帯のサンゴ礁を好む魚のため、よく見られるのは沖縄です。釣りやシュノーケルでツノダシと出会うのを楽しみにする人も多いのだとか。一方、ツノダシの幼魚は海流に乗って遠くまで移動するため、本州沿岸でも見かけることも稀にあります。

ツノダシが太平洋からインド洋にかけて広く分布しているのは、稚魚が海流に乗って移動するためでもあります。

ツノダシは雑食性の魚。細長い口を使って岩やサンゴに付着した海綿やサンゴ藻、小エビなどを捕食しています。自宅でツノダシを飼育する場合、人工餌でも冷凍餌でも両方とも食べます。

基本的にはショップであげている餌を自宅でもあげると良いでしょう。ただし、ツノダシはストレスを感じると餌を食べなくなってしまいます。ストレスを与えないようにするのと、餌を食べなくなったら植物食性用の餌に変えてみるなどして、餌にを上げるなど、餌に注意を引くようにしましょう。

ツノダシの漁獲法

沖縄県ではよく見られるのですが、ツノダシは狙って釣るのがとても難しい魚です。

鑑賞用の魚ということもあり、ネットショップやアクアリウムショップで購入して入手する人が多いようです。環境変化に弱く、また乱雑に扱われると背ビレが折れてしまうこともあるので、状態を確認する意味でもアクアリウムショップに出向いて購入するのがおすすめです。

ツノダシを釣った後に気を付けたい事

ツノダシは危険な魚ではないため、気をつけるべきことは特にありません。

ツノダシのおいしい旬

ツノダシは一般的には食用でないため、美味しい旬はよく分かっていません。食用ではなく、鑑賞魚として愛されている魚です。

ツノダシの食べ方

ツノダシは一般的には食用でなく、鑑賞魚であるため、美味しい食べ方は不明です。

ツノダシの名前の由来

ツノダシの名前の由来は、意外にも諸説あります。特徴的な背ビレが角のように見えるから、「ツノダシ」という名前がついたと考える説が有力ですが、諸説あります。一説として、成長すると目が張り出して、「角」のようになるため「ツノダシ」と呼ばれるようになったとで考える説。

「ツノダシ」は神奈川県江ノ島での呼び名。他にも様々な呼び名があり、「アミガサウオ」「イトマキ」「シマウオ」「ツノマン」「ノボリタテ」といった名前で呼ばれることもあるのだとか。

また、学名の「Zanclus」は「鎌」という意味で、ツノダシの特徴的な背びれの形に由来しています。ちなみに、英語では「Moorish idol(モーリッシュアイドル)」と呼ばれています。

-ツノダシ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.