【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

潤んだ眼が名前の由来!「ウルメイワシ」その生態や特徴とは?

更新日:

ウルメイワシの特徴

ニシン目ニシン科に属するウルメイワシは、イワシの中では最も体が大きくなるとされ、全長は20センチメートルほどで大きいものでは30センチメートルにもなります。

細長い体型をしており、背中が綺麗な藍色、お腹は銀色をしています。目が大きく脂瞼に覆われているので、まるで泣いて潤んでいるかのようにも見えます。

日本でイワシとして漁獲されているのは主にマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシで、この3種が水産資源として私たちの生活を大きく支えてくれています。<

マイワシやカタクチイワシとの最大の違いは腹ビレの位置で、他の2種が腹ビレは背ビレに下側にあるのに対して、ウルメイワシは明らかに背ビレよりも後方に腹ビレがあります。

また、他のイワシに比べて鱗が細かいのもウルメイワシの特徴となっています。とても鮮度が落ちるのが早いので、産地以外のスーパーなどでは中々お目に掛れなかったりもします。

イワシの中では最も大きいウルメイワシですが、漁獲量は最も少ないと言われています。

ウルメイワシの釣り時期・生息ポイント

太平洋、大西洋を始めとする全世界の暖かい海に生息しており、とても広く分布しています。沿岸部を回遊しており、春から夏にかけて北上し、秋から冬にかけては南下するようです。

表層付近で群れを成して泳ぐのですが、群れの規模自体は他のイワシよりも小さいです。ほぼ周年で漁獲されており、特に冬以外の季節がよく獲れるとされています。

ウルメイワシの餌

ウルメイワシの餌は動物性プランクトンで、口を大きく開けて泳ぎながら飲み込んで、エラでプランクトンを濾しとって食べています。

ウルメイワシの漁獲法

他のイワシと同じく、サビキ釣りで狙うことが出来ます。堤防や海岸などから気軽に釣ることが可能ですよ。

カタクチイワシは他のイワシと比べるとやや深いところを泳ぐことがあるため、竿は4メートルほどの海底付近も狙えるものがおすすめです。

ウルメイワシを釣った後に気を付けたい事

ウルメイワシは鮮度が落ちるのが非常に早いです。産地ですら朝に水揚げされたものが夕方にはもうお店には並べられないと言われるほどなので、釣り上げたらすぐに活き締めにしましょう。

クーラーボックスにたっぷりの氷と海水を入れてあげ、持って帰る間に鮮度が落ちるのを少しでも抑えておくと、美味しいウルメイワシを食べられますよ。

ウルメイワシのおいしい旬

産卵を控えて脂の乗った冬がもっとも美味しい旬とされていますが、他の時期でも充分に美味しく食べることが可能です。

ウルメイワシの食べ方

ウルメイワシはイワシの中ではもっとも美味しいと言われており、旨味が非常に強いです。

綺麗な赤みを帯びた身は見た目にも美しく食欲をそそります。鮮度が落ちるのが非常に早いので中々難しいですが、新鮮なものが手に入ったらまずは刺身にしていただきたいところ。

クセがないので食べやすく、その美味しさから箸が止まらなくなってしまいますよ。焼き魚やフライにしても美味しく食べられます。また、イワシの中では脂が少ないことから、干物に適しているそうです。目ざしや丸干しなどに加工されており、その味も非常に美味で各地の名産品になっています。

特に大型のウルメイワシの干物は美味しいとされ、高級品として扱われているんですよ。

ウルメイワシの名前の由来

ウルメイワシの名前の由来は、脂瞼に覆われた大きな目がまるで潤んでいるかのように見えることからその名が付けられました。どうやら略してウルメとだけ呼ばれることの方が多いようです。

目の大きさからダルマイワシと呼ばれることもあり、他にはドンボやテッポウ、メギラ、ギドなどと地方によって様々な名前があります。産地である高知県では、小さいものをウルメゴやコウルメと呼んでいます。英名では「Round herring」です。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.