【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【ワカサギ】氷上釣りでお馴染み!特徴から生態、食べ方までを紹介

更新日:

ワカサギの基本情報

北海道などの寒くて湖が凍る地域では、氷に直径15~20cmの穴を開けて釣り糸を垂らすワカサギ釣りは冬の風物詩となっています。本来は河川の下流域や汽水域に生息している魚でしたが、淡水域でも生存できるため、日本各地の湖沼やダム湖に移植もされています。

とても美味しい魚で人気があり、主な産地は北海道、茨城県、滋賀県。全国各地で佃煮や煮干しなどの名産品になっており、日本の食文化にとっても非常に重要な魚です。

ワカサギの名前の由来

ワカサギの名前の由来は諸説あります。

1つは、「発生する」という意味の「わく」から「ワカ」を取り、「多い」という意味のオノマトペ「ザクザク」と同様の意味の「サギ」を合わせ、ワカサギの群れで沢山集まっている様子を表したとする説。

もう1つは、体が小さく細く弱弱しいため「若い」という意味の「ワカ」と、「小魚」という意味の「サギ」を合わせたとする説です。

島根では「アマサギ」「シラサギ」「キキンウオ」、千葉や静岡では「スズメウオ」、北陸では「ソメブリ」、東北や北海道では「チカ」、群馬では「サイカチ」と呼ばれることがあります。

ワカサギの特徴・生活史

ワカサギの成魚の全長は15cm程度です。

ワカサギの体は細長くて小さく、それぞれのヒレが小さいのも特徴です。背ビレの後ろには、小さな「あぶらびれ」がついており、また、背ビレは腹ビレの位置よりも少し後ろにあります。

「ワカサギが棲めるほど綺麗な湖」などのように水質が良いことを示す比喩に使われることもありますが、ワカサギは水質汚濁に対する適応力が高く、水質汚濁のある湖沼でも普通に生息している姿も見られます。

地域にもよりますが、ワカサギの産卵期は冬から春にかけてで、この時期になると、ワカサギは大きな群れを作って河川を遡上し、淡水中の水草や枯れ木などに卵を産みつけます。

卵の直径は1mm程度。1匹のメスが生む卵の数は、1000粒から2万粒とされています。ワカサギの寿命は概ね1年で、産卵を終えると親魚は死んでしまいます。ただし、北海道、野尻湖、仁科三湖などの寒い地域では、2年魚、3年魚も存在します。

ワカサギの生態・住んでいる場所

ワカサギは東京都や島根県より北の本州、北海道に分布。琵琶湖など、日本各地の湖やダムに移植されてきました。

成長期になると降海する遡河回遊型と、生涯を淡水で過ごす河川残留型の2種類のワカサギが存在し、遡河回遊型は孵化した後に降海しますが、一定期間は汽水域で過ごすことで知られています。

ワカサギの旬と釣り時期

特に脂が乗る旬は、桃の節句の前後といわれており、漁の最盛期は冬期(10月から3月程度)です。

ワカサギは、釣、刺し網、地引網、氷上の穴釣りなどで多く漁獲される魚。

ワカサギの食性は肉食性で、ケンミジンコ、ヨコエビなどの動物プランクトン、魚卵、稚魚などを餌としています。

ワカサギの食材情報

ワカサギは小さく、通常は丸ごと食すことの多い魚。そのため、骨に含まれるカルシウムやリンを多く摂取することができ、骨や歯を丈夫にする効果が期待できるかもしれません。

また、ビタミンAを含む数少ない魚の1つで、活性酸素の生成を抑えたり、動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病の予防に効果があると言われています。

その他にも、悪性貧血の予防、肩こり解消に効果があるビタミンB12も豊富に含まれています。

ワカサギの美味しい食べ方

成長したワカサギの親魚は骨が太くて硬いが、小ぶりな個体は骨も細くて柔らかく丸ごと食べることができ、丸ごと唐揚げにして食べると非常に美味しいです。

また、丸ごと食べることで栄養の摂取の効率も良くなるため、おすすめの魚。イギリスでは、ワカサギの唐揚げは「Whitebait」「Blanchbait」という商品名で販売されており、市民にも親しまれているようです。

ワカサギのレシピ

・天ぷら
・フライ
・唐揚げ
・マリネ
・南蛮漬け
・佃煮
・甘露煮
などにして食べると美味。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.