【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

有明海のエイリアンの「ワラスボ」見た目からは想像できない美味しさ

更新日:

基本情報

ワラスボは外見が非常にグロテスクな魚で、「有明海のエイリアン」とも例えられるほどの珍魚である。

日本では有明海のみに分布しているハゼの仲間で、食用魚として漁獲される。

頭部が映画の「エイリアン」シリーズに登場する宇宙生物に似ていることもあり、しばしば「エイリアンのような魚」としてメディアで採り上げられ、ワラスボの漁場がある佐賀市もエイリアンという比喩を使って宣伝するようになった魚。

日本では有明海固有種であるが、干拓や環境の変化によって個体数の減少が懸念されている。

環境省が作成した汽水・淡水魚類レッドリストでは、2007年版から絶滅危惧II類(VU)として掲載されている。

名前の由来

稲藁を束ねて作った筒に形が似ていることから、「ワラスボ」と名付けられたという説が一般的です。

また、福岡では「ワラス」、佐賀では「スボ」「ジンキチ」「ジンギチ」、長崎では「ドウキン」「ドウキュウ」「スボタロウ」と各地域で呼び名が複数あります。

特徴・生活史

ワラスボの体の形はウナギのように細長く、背ビレ・尾ヒレ・尻ビレが1つに繋がっており、体はくすみがかった青色が特徴的で、若干赤紫のような色を感じます。成魚だと全長40センチに達する大きさ。メスよりもオスの方が大きく成長します。

目が退化しているため、頭部に目の名残として小さな点が観察できるのもワラスボの特徴の一つ。口は上きに開いており、尖った牙が並んでいます。この独特の風貌ゆえに「エイリアン」とたとえられるが、噛まれてもあまり痛みは感じられない。

鱗も退化しており、体の前半部に円形の鱗が、後半部に楕円形の鱗が散在しています。腹ビレが吸盤になっているという特徴を除くと、ハゼの仲間とは思えない見た目です。

一方で、ワラスボの仔魚は一般的な魚と同様に大きな目と水平に開いた口を持ち、成長するにつれて変化し、目が退化して口が上向きになっていきます。

生態・住んでいる場所

ワラスボは日本、朝鮮半島、台湾、中国の干潟や内湾に分布している魚です。日本では有明海奥部の軟泥干潟のみに生息。干潟の泥の中に巣穴を掘って住んでおり、潮が満ちると海の中を泳ぎ始めます。

ムツゴロウやハゼクチなどと同様に、かつての中国大陸と九州が陸続きだった頃、大陸から来て有明海に定着した「大陸系遺存種」だそうです。

ワラスボの産卵期は夏。巣穴の壁に長径2.3~2.6ミリ、短径0.6~0.7ミリの水滴の形をした卵を産み、3日ほどで全長3.3~3.5ミリ程度の大きさの仔魚が孵化します。

ワラスボの食性は肉食性のため、小魚、貝類、甲殻類、多毛類などの小動物を幅広く捕食しています。かつてはアゲマキガイを食害すると言われていましたが、胃の内容物の調査では様々な小動物が見つかっており、アゲマキガイだけを食べるわけではないことが解明されました。

旬と釣り時期

ワラスボの旬は春〜秋です。ワラスボを専門に釣りで狙うことは少なく、特に釣りに適した時期はありません。

しかし、干潮時に「すぼかき」などの伝統漁法でワラスボが漁獲されます。「すぼかき」とは、長い棒の先に付けた鉤にワラスボを引っかける漁法。潟スキーに乗って移動しながら捕る漁法は風物詩ともなっています。

食材情報

ワラスボには鱗がほとんど無いため、鱗を取らずに調理しても気にならずに食べることができます。身は白身のような淡白な味わいですが、見た目は赤みを帯びています。

熱を通すと硬く締まるので調理される場合は、この特性を知っておくことが大事。肝の味が美味しいので、肝を活かす料理にするのがおすすめです。

ワラスボは生命力が強いため、活き造りにされてからも動いて人を噛むといった事例もあるのでお気をつけてください。

美味しい食べ方

煮付けにして食べるのが最も一般的な料理法とされています。煮付けにすると身が締まって美味しいのと、肝の独特な深い味わいが活かせる料理法です。

レシピ

・刺身
・にぎり寿司
・煮付け
・味噌焼き
・干物
などにして食べると美味しくいただけます。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.