【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

渓流釣りでも人気の「ヤマメ」実は「サクラマス」と同種だった!

更新日:

「渓流の女王」とも呼ばれ、美しい渓流を代表する魚であるヤマメ。川魚の中で特に美味しい魚とされており、釣り人たちも人気のターゲットとなっています。都市開発の影響で天然のヤマメの個体数が激減しているので、現在は代わりに養殖が盛んに行われています。

ヤマメの基本情報

「流氷の女王」ヤマメは渓流釣りのターゲットとしても非常に人気が高い淡水魚です。
ヤマメはサクラマスと同種であり、サクラマスの中でも川で一生過ごす「陸封型」をヤマメと呼びます。
河川の上流部に生息しており、かつては山間部に住む人々にとって重要なタンパク源でした。

しかし、山林や河川の乱開発と共にヤマメの数は激減し、今や天然のヤマメは幻の存在となっています。
今ではヤマメは養殖も盛んに行われており、スーパーなどにも並ぶヤマメのほとんどは養殖のものです。

ヤマメの名前の由来

ヤマメは漢字で「山女(ヤマメ)」と表記します。
「メ」は魚を表す接尾語であり、「ヤマメ」とは山にいる魚という意味を表しています。
「メ」に「女」という文字を当てたのは、ヤマメの見た目が美しいからとされています。

ヤマメは地方によって「エノハ」「コクレ」「コサメ」「シケ」「シマメ」「マダラ」「ヤマベ」等と呼ばれています。

ヤマメの特徴・生活史

ヤマメの全長は20センチメートル程度の魚で、大きいものでは約40センチメートルになります。

ヤマメは体の側面に上下に長い、木の葉状の模様があるのが特徴です。
この模様は「パーマーク」と呼ばれており、成長と共に薄くなり、全長30~40cm程度の大きさになると、銀色に近い色にります。
更に繁殖期になると、体全体が黒っぽく変化し、また体側からヒレなどに薄い桃色から濃い紅色の色「婚姻色」が表れます

ヤマメの生態・住んでいる場所

ヤマメは河川から海に降りずに、一生を河川で過ごす魚であり、こういった性質を持つ魚を「河川残留型」または「陸封型」と呼ばれています。

北海道から九州までの河川の上流など、冷たい水の流れる箇所に生息しています。
天然のヤマメですと、本州の関東より北の太平洋岸と日本海側全域、九州の一部に分布しています。

ヤマメの産卵期は9月から10月で河川の上流域で、砂礫質の場所に産卵床を作って産卵を行います。
全長20cmのメスで200粒程度、28cmのメスで800粒程度の卵を産むと云われています。

ヤマメの旬と釣り時期

ヤマメの旬は春から夏ですが、だいたい10月から4月頃までが禁漁期間となっており、釣りをする際は十分に注意を払うこと。
ヤマメ専用の釣り堀も全国に多くあり、初心者や子どもでも楽しめるレジャーとしても注目されています。

冒頭で述べたように市場に流通するものは養殖がほとんど。
天然のヤマメは渓流で餌釣りでよく釣れ、エサは川虫やイクラを用います。フライやルアーなどでも捕獲できるようです。

ヤマメの食材情報

ヤマメはパントテン酸やカルシウムを豊富に含む魚。
カルシウムの吸収を促進するビタミンDも含まれているため、カルシウムを効率よく摂取することができる魚でもあります。

ヤマメには個体によって寄生虫がいる可能性があるため、生で食べるのは避けた方が無難とされています。

ヤマメの美味しい食べ方

宮崎県では、養殖したヤマメの卵を特産品として販売しています。
ヤマメの卵は黄色いため、「黄金イクラ」と呼ばれ高級珍味として知られています。

他にも、長野県の松本駅ではヤマメの姿寿司が駅弁で売られており、名物駅弁として人気を博しています。

ヤマメは川魚の中で一、二を争うほど美味しい魚とされおり、塩焼きで食べるのが一般的であり、とても美味。
サケ科特有の臭みを含んでいるものの、塩を振って丸ごと焼くことで、皮目が香ばしさも味わうことができます。

ヤマメのレシピ

唐揚げ、マリネ、ムニエル、塩焼き、バター焼き、などにして食べると美味。

-ヤマメ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.