【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

深海に住む高級魚「ユメカサゴ」赤い体色が印象的!

更新日:

ユメカサゴの特徴

ユメカサゴは、鮮やかな赤い色が特徴のカサゴ。カサゴの仲間はどれも高級魚とされていますが、その中でも生で流通するユメカサゴはとっても高価!

体長は最大でも30センチメートル程度で、カサゴの仲間の中では真ん中くらいの大きさ。

25センチメートル以上の大きさに達するまでに、10年以上もかかると考えられているほど、成長スピードがゆっくりなのです。

釣り時期・生息ポイント

ユメカサゴは1年を通して釣ることができ、中でも最も釣りやすい時期は冬とされています。

本州、九州、四国をぐるっと囲むように分布していますが、北海道や瀬戸内海では見かけられないのだとか。

水深150~200メートル程度の深い場所に生息しており、深海魚とも見なせるでしょう。日本海側よりは太平洋側の方が数が多く、比較的釣りやすいのだそうです。

ユメカサゴは、エビやカニなどの甲殻類や多毛類、イカなどの頭足類、小魚など底生の小動物を捕食する魚です。

釣りの餌には、サバの切り身やイカのたんざくを使うと良いでしょう。

また、ルアーフィッシングでも釣ることができます。

漁獲法

ユメカサゴは深い場所に生息している魚のため、底引き網漁で水揚げされることが多いです。

釣りも楽しむことができて、伊豆半島の周辺では100〜200メートル前後の深さでユメカサゴが釣れるとのこと。

回遊せず、1ヶ所に縄張りを持って留まる魚なので、上手く縄張りを見つけて餌を落とすことで釣り上げます。

1匹釣り上げたら、そのユメカサゴが住んでいる縄張りに別の個体が住み着くことが多いそうです。

つまり、縄張りを見つけるのは大変かもしれませんが、一度縄張りを見つければたくさん釣れる可能性がありますね。

釣った後に気を付けたい事

ユメカサゴのヒレには鋭いトゲがついています。

釣り上げたときにユメカサゴを素手で持って怪我をしないよう、気をつけてください。

また、捌く前にあらかじめヒレを調理ばさみでカットしておきましょう。

始めにヒレを処理することで、調理中の怪我をする可能性を減らすことができます。

おいしい旬

ユメカサゴが美味しい旬は冬から春とのこと。

最も釣りやすい時期が冬で、旬の時期と重なっているので、ユメカサゴの釣りは冬に挑戦してみてはいかがでしょうか。

食べ方

ユメカサゴの身は透明感のある白身で、熱を通しても硬くならないのが特徴です。

どんな料理にも合う魚として知られていますが、新鮮なものはぜひ刺身で食べたいところ。

ユメカサゴは大物ほど脂が乗っているので、特に30センチメートル前後の個体が釣れたら、刺身で脂の旨味を味わってみてください。

火を通して食べるなら、定番の魚料理の煮付けがおすすめ。

小さい個体はそのまま、大きい個体は半分に切って煮付けます。

白身の上品な甘みと醤油の風味の相性が良いだけでなく、身がほどよく締まって歯ごたえが生まれ、美味しく食べることができます。

名前の由来

残念ながら、ユメカサゴの名前の由来は分かっていません。

170種類前後の新種の魚を見つけた魚類学者の田中茂穂さんがユメカサゴを命名したのですが、命名の理由については文献が残されていないのです。

見た目や歴史にちなんだものではなく、田中さんが創作して名付けたのでは…?とも言われています。

地方名は沢山あるのですが、注目したいのは静岡県沼津市の駿河湾周辺での呼び名。

この地域ではユメカサゴのことを「ノドグロ」と呼んでいるのです!これを聞くと高級魚のノドグロがユメカサゴと同じ魚だと思われてしまうかもしれませんが、実は違う魚です。

ユメカサゴも喉が黒いので、駿河湾の周辺などでは地元の人に「ノドグロ」と呼ばれるようになったのだとか。

ちなみに、本物の「ノドグロ」の正式名称は「アカムツ」で、この魚は見た目もユメカサゴにそっくりです。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.